ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド

ほうれい線と女性ホルモンの関係

 

女性の肌は女性ホルモンとも大きく関係しています。

 

加齢とともに肌質も変化し、以前よりも乾燥が気になり始めます。

 

特に閉経を迎えると女性ホルモンを分泌している卵巣の機能が停止しますので、肌の乾燥も酷くなり、骨なども弱くなっていきます。

 

女性ホルモンの減少は誰にでもいつかは起こることですが、タバコやストレス、体の冷えなども女性ホルモンのバランスを崩す原因になります。

 

また毎月の生理がある間は、生理前後に女性ホルモンのバランスが大きく変化しますので、このため肌荒れなど肌トラブルも起こりやすくなります。

 

このように女性ホルモンのバランスは、肌の状態にも大きく関係してきます。

 

女性ホルモンは女性らしさを維持するにも欠かせないものですが、これが減少する事で肌の乾燥が酷くなり潤いが失われるので、ほうれい線が目立つようになります。

 

ホルモンの場合はホルモン剤で不足分を補う事もできますが、ホルモン剤は副作用も強いので人によっては合わない事が多くなります。

 

こういう時は女性ホルモンの代用品として、よく似た性質を持つ大豆のイソフラボンを補いましょう。

 

大豆のイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンにとても良く似ています。

 

大豆に含まれている成分なので、ホルモン剤のように強い副作用もありません。

 

人によっては過剰摂取すると、胸の張りといった副作用が出ることもありますが、この場合は量を減らすことで副作用も軽減できます。

 

ほうれい線が気になりだしたら、女性ホルモンの事も考えてみましょう。

 


当サイトでは、ほうれい線の消し方やなくす方法、効果的な美容液や化粧品、ほうれい線のエクササイズ、体操、マッサージのやり方など法令線を予防、改善して老け顔を解消する方法を紹介しています。

Copyright (C) ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド All Rights Reserved.

ほうれい線と女性ホルモンの関係