ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド

ほうれい線のケアのために紫外線対策をする

 

1年のうちで紫外線が一番強いのは意外にも、4月下旬〜5月にかけてだと言われています。

 

暖かい季節は紫外線も強いので、日焼け止めを使い紫外線対策を意識します。

 

でも紫外線は季節や天気に関係なく、1年中降り注いでいます。

 

また雨や曇りの日は太陽が出ていないので、紫外線対策を疎かにしてしまう事もありますが、目に見えなくても紫外線は降り注いでいるので注意しましょう。

 

紫外線の強くなる時期や海やプールなどに行く時には、少しUVカット効果の高い日焼け止めを使うといいでしょう。

 

比較的高いのは、SPF30〜50です。

 

普段はUVカット効果が少し低くてもそれほど問題はないので、SPF15〜20くらいでも十分です。

 

SPFはUVB波の紫外線を防ぎ、PAはUVB波の紫外線を防ぐ効果があります。

 

日焼け止めを塗ることで紫外線のダメージを避けることができますが、あまりSPFやPAの数値が高いものは肌にとって負担となる事があるので注意しましょう。

 

紫外線は肌を乾燥させる原因の一つです。

 

日焼け止めを上手に取り入れていけば、少しくらい紫外線を浴びても肌へのダメージも軽減されますし、紫外線による乾燥を防ぐ事もできます。

 

乾燥を防げればほうれい線の目立ちも少しずつ解消していきます。

 

また紫外線による肌の乾燥は、ほうれい線以外のシワもできやすく目立たせってしまう事もあるので顔全体のケアも大切です。

 

日焼け止めは紫外線吸着剤などを使用しているものは避け、天然由来のものかも確認しておきましょう。

 


当サイトでは、ほうれい線の消し方やなくす方法、効果的な美容液や化粧品、ほうれい線のエクササイズ、体操、マッサージのやり方など法令線を予防、改善して老け顔を解消する方法を紹介しています。

Copyright (C) ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド All Rights Reserved.

ほうれい線のケアのために紫外線対策をする