ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド

ほうれい線の治療とフォトフェイシャル

 

ほうれい線の治療にフォトフェイシャルを選ぶこともできます。

 

フォトフェイシャルというのは、肌の奥に刺激を与えて細胞を活性化させる治療法です。

 

刺激を受けると肌細胞が活性化するので、肌を作る成分も生成も活性化され、たるみや乾燥を改善する事ができます。

 

肌に優しい光を使うので、刺激といっても痛みや傷跡も残らない安全な方法です。

 

効果は施術後約半年ほど続きますが、個人差も多く早い人では3ヶ月ほどで徐々にシワやほうれい線も目立つようになります。

 

メスを使わないため安全性の高さも特徴ですが、定期的に施術を受けることで効果を持続させる事は可能です。

 

フォトフェイシャルは刺激の少ない優しい光を使いますが、施術後は紫外線対策も必要です。

 

施術後の肌は刺激を受け、軽いやけどをしたような状態になります。

 

やけどといっても日焼けと同じような状態ですが、デリケートな肌にさらに紫外線の刺激が加わるとシミになりやすいので注意が必要です。

 

低刺激で副作用もなく安全性の高い方法という事もあって、美容クリニックでの治療が初めての人にもオススメの方法です。

 

顔のたるみが解消されればほうれい線も目立たなくなりますし、肌自体のキメも整い引き締まるので毛穴の開きも目立たなくなるなどメリットも多い方法です。

 

フォトフェイシャルは施術後すぐにほうれい線が消えるというより、活性化した肌細胞がコラーゲンを増やしていくので3日〜4日ほどではっきりした効果を実感しやすくなっています。

 

そのため、即効性がないのがフォトフェイシャルのデメリットと言えるでしょう。

 

費用は多少の違いはありますが、1回3万円〜4万円が相場となっています。

 


当サイトでは、ほうれい線の消し方やなくす方法、効果的な美容液や化粧品、ほうれい線のエクササイズ、体操、マッサージのやり方など法令線を予防、改善して老け顔を解消する方法を紹介しています。

Copyright (C) ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド All Rights Reserved.

ほうれい線の治療とフォトフェイシャル