ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド

ほうれい線と骨格の関係

 

ほうれい線は年齢的な事が原因だと言われていますが、全ての原因が加齢とは言い切れません。

 

骨格もほうれい線と大きく関係しています。

 

骨格は生まれ持ったものなので、人によって違いもあります。

 

ほうれい線ができやすい人と、ほうれい線ができにくい人がいるのは骨格の違いにも関係があります。

 

顔には表情筋という筋肉がありますが、筋肉の衰えもほうれい線を目立たせる原因になります。

 

表情筋のつき方も骨格と関係しているので、ある意味生まれた時からほうれい線が目立つ人なのか、目立たない人なのかが決まってきます。

 

ほうれい線は鼻の両脇から口にかけての境界線です。

 

例えば面長の人は鼻から口にかけての距離も長くなるので、ほうれい線が出来た時も線が長く目立ちやすくなります。

 

丸顔の人は鼻から口にかけての距離も短くなるので、ほうれい線ができてもあまり目立たないという事もあります。

 

もちろん顔の大きさにも個人差はありますので、顔の形が全てとも言い切れませんが、骨格によってもほうれい線の出方は変わってきます。

 

もしも自分がほうれい線が目立ちやすい骨格だったとしても、肌の潤いやハリを維持する事ができれば、肌のたるみも予防できるのでほうれい線が目立つのも予防できます。

 

ほうれい線のケアはすぐに効果が出ない事も多いので、年だから仕方ないと諦めてしまう人もいますが、根気よくケアをしてけば必ず対処できますので、諦めずに自分の骨格や肌質に合ったケアをしていきましょう。

 


当サイトでは、ほうれい線の消し方やなくす方法、効果的な美容液や化粧品、ほうれい線のエクササイズ、体操、マッサージのやり方など法令線を予防、改善して老け顔を解消する方法を紹介しています。

Copyright (C) ほうれい線(たるみ)を消す方法|日本一詳しいほうれい線完全ガイド All Rights Reserved.

ほうれい線と骨格の関係